一般的に医療機関で受けられ、特殊な針を使ったニードル脱毛は痛みが非常に強いけれども効果は高く、光の力を利用したレーザー脱毛はニードル脱毛よりも痛みは弱いけれども、脱毛専門サロンなどで主流のフラッシュ脱毛に比べて痛みが大きい。

ただし、効果は出やすいと言われています。脱毛専門サロンで広く使われているフラッシュ脱毛は痛みが少なく、それなりの効果が期待でき、特に低料金で脱毛することが出来ると人気です。

最近では、光を利用したレーザー脱毛やフラッシュ脱毛の性能があがり、痛みが強いニードル脱毛は人気が落ちてきています。ただし、永久脱毛と呼べるのは確実に処理が行え、毛根の細胞に直接にダメージを与えられるため、高い効果は体質に左右されにくいとされています。

処理を行う人の技術も時間も必要なため、人気が薄れていってしまっている傾向が否めません。一方レーザー脱毛は痛みが少ない割に効果が高いと、クリニックでの脱毛の主流となりつつあります。一度に処理できる範囲がフラッシュ脱毛よりも狭いのですが、施術を行う人の技術の差が出にくいのが特徴です。

フラッシュ脱毛は出力が小さく痛みが少ないのですが、やはり出力が小さいために効果が出にくい人も中にはいるようです。どの脱毛も短所と長所を持ち合わせていますので、自分に合った脱毛方法が見つかると良いですね。